---- 新着情報 ----
Android端末(スマートフォン・タブレット)版
『原稿作文』を公開しました。
Android端末で初の縦書入力出来るテキストエディタです。
ダウンロードページをご覧ください。
グーグルPlayストアでも公開していますので、"原稿作文"で検索してください。
端末からは下のQRコードからアクセス出来ます。
QRcodeリンク類語一覧』も公開しました。語句の類義語や関連語を一覧表示する辞書機能です。小説や作詞の語句推敲や、発想の手助けにご活用ください。
北沢文庫ロゴ
本文庫の縦書ページは『原稿作文』で作成されています。
ワープロ機の乗換えからプロの文筆業務まで
幅広く使える縦書作文ソフトです。
下のバナーからお試し頂けます。
原稿作文バナー

  スクロール出来ない場合はこちらを参照してください。
あなたは2000年5月の開庫から人目のお客様です。
最終更新日 2012年5月27日
永井荷風 10編を収蔵しました。
書式サンプルにIE5.5の縦書HTMLを追加しました(05.05.12)。
書式サンプルにPDFファイルのサンプルを追加しました(03.05.06)。
PDFファイルについてはこちらを参照してください。
書式サンプルに画面サイズの自動設定を追加しました(03.04.10)。

食べ物や食卓の描写が多い小説と「食と文学」に関する随筆を紹介している、
姉妹サイト:『おいしい小説』

作家別作品 書式サンプル 問合せ等

(著作者の死後50年以上を経て著作権が消滅した作品を収蔵しています)

作品名に「PDF」があるものはPDFファイルで閲覧できます。
PDFファイルも上の
『原稿作文』で作成されています。

作品が閲覧出来ない場合はこちらを参照してください。

作家別(五十音順)作品
(各作品も五十音順です)

芥川龍之介 有島武郎 石川啄木 泉鏡花 伊藤左千夫 海野十三
 大阪圭吉 大杉栄 岡本かの子  岡本綺堂  小川未明  織田作之助

梶井基次郎 金子みすゞ 嘉村礒多 菊池寛 木下杢太郎 国木田独歩
グリム兄弟 黒島伝治 幸田露伴 幸徳秋水 小酒井不木 小島烏水
 小林多喜二 コナン・ドイル

坂口安吾 佐左木俊郎 三遊亭圓朝 島木健作 島崎藤村
 下村湖人 ジョナサン・スイフ 素木しづ

高村光太郎 武田麟太郎 太宰治 立原道造 田中貢太郎 田中英光 田山花袋
 近松秋江 辻潤 寺田寅彦 徳田秋声 徳冨蘆花

永井荷風 中里介山 中島敦 中原中也 夏目漱石 南部修太郎 新美南吉

萩原朔太郎 葉山嘉樹 原民喜 樋口一葉 堀辰雄

正岡子規 水野仙子 宮沢賢治 宮本百合子 紫式部 森鴎外

夢野久作 横光利一 與謝野晶子 吉行エイスケ

若杉鳥子 若山牧水 渡辺温

作 家

作 品
(作品名の右の数字は文書サイズ[KB]です)
芥川龍之介

25』  『浅草公園 19』  『あばばばば 15』
或阿呆の一生 28』  『或日の大石内蔵助  22』
一夕話15』  『犬と笛 19』  『芋粥 33』
魚河岸 7』  『馬の脚 28』  『海のほとり 16』
大川の水 10』  『温泉だより 16』

河童 83』 『神神の微笑 23』  『枯野抄 19』
奇怪な再会 51』 『疑惑 29』  『戯作三昧48』
蜘蛛の糸 8』 『湖南の扇 23』

猿蟹合戦 7』  『地獄変 58』 『邪宗門 97』
十円札 22』 『秋山図 21』 『出帆 6』
俊寛 42』  『蜃気楼 11』 『早春 8』

杜子春 21』  『トロツコ 11』

歯車 54』  『不思議な島 16』  『舞踏会 12』
文芸的な、余りに文芸的な 107』 

桃太郎 13』
藪の中 21』  『槍が岳に登った記 6』 
羅生門 14』
有島武郎

或る女(前編) 331 『或る女(後編) 454』 『一房の葡萄 15』
生まれいずる悩み 112』 『カインの末裔 76』
火事とポチ 20』 『碁石を呑んだ八っちゃん 15』
星座 249』 『小さき者へ 23』

石川啄木

悲しき玩具 17』 『初めて見たる小樽 9』
一握の砂 46』 『弓町より 20』

泉鏡花

愛と婚姻 8』 『紫陽花 7』 『いろ扱ひ 14』
歌行燈 92』 『絵本の春 17』 『縁結び 46』
婦系図 419』

貝の穴に河童の居る事 42』  『神楽坂七不思議 5』
義血侠血 86』 『木の子説法 42』 『城崎を憶う 28』
草あやめ 9』 『国貞えがく 46』 『外科室 19』
月令十二態 14』 『高野聖 99』

醜婦を呵す 6』 『松翠深く蒼浪遥けき逗子より 3』
逗子だより 5』 『寸情風土記 28』

玉川の草 7』 『鉄槌の音 4』
二、三羽――十二、三羽 40』 『人魚の祠 37
半島一奇抄 33』 『雛がたり 14』 『古狢 49』 『蛇くい 14』
迷子 10』 『眉かくしの霊 64』

薬草取 57』 『夜行巡査 27』 『弥次行 23』
夜叉ヶ池 71』 『山の手小景 10』 『湯島の境内 21』

竜潭譚 41』
伊藤左千夫

水害雑録 28』 『奈々子 21』 『野菊の墓 21』
浜菊 23』 『姪子 13』 『守の家 9』

海野十三

ある宇宙塵の秘密 12』 『生きている腸 24』
宇宙女囚第一号 16』 『海野十三敗戦日記 167』

恐龍艇の冒険 24』 『軍用鮫 17』 『幸運の黒子 7』
十八時の音楽浴 61』 『千年後の世界 16』

第五氷河期 29』 『地球発狂事件(丘丘十郎) 179』
地球を狙う者 30』 『透明猫 22』 『特許多腕人間方式 27』

 
俘囚 34』 『放送された遺言 19』
 
予報省告示 8』
人造人間(ロボット)殺害事件 22』
大阪圭吉 デパートの絞刑吏 25』 『灯台鬼 31』 『幽霊妻 22』
大杉栄 鎖工場 10』 『日本脱出記 47』 『遺言 7』
岡本かの子

秋雨の追憶 4』 『ある男の死 3』 『一平氏に 6』
英国メーデーの記 7』 『雛妓 60』 『男心とはこうしたもの 3』

風と裾 2』  『家霊 22』 『愚なる(?!)母の散文詩 4』
狂童女の戀 9』
五月の朝の花 3』 『女性と庭/初夏に座す 4』 『 30』
縮緬のこころ 4』 『鶴は病みき 58』 『東海道五十三次 31』

 

慈悲 5』 『富士 88』  『母子叙情 167』
みちのく 16』
 
鯉魚(リギョ) 16』 『恋愛といふもの 6』 『老妓抄 34』
私の書に就ての追憶 6』
岡本綺堂

籠釣瓶 136』 『玉藻の前 278』 『番町皿屋敷 27』
箕輪心中 97』 『ゆず湯 29』 『両国の秋 127』

小川未明

赤い船 9』 PDF   『赤い蝋燭と人魚 15』 PDF
金の輪 5』 PDF   『小さな草と太陽 6』 PDF
月夜とめがね 9』 PDF

織田作之助

秋の暈 4』 『競馬 29』 『猿飛佐助 65』
放浪 48』 『六白金星 40』 『わが町 191』
木の都 19』 『青春の逆説 325』 『世相 65』
聴雨 26』 『土曜夫人 216』 『夫婦善哉 69』

梶井基次郎

愛撫 7』 『ある崖上の感情 25』 『ある心の風景 16』
城のある町にて 40』 『雪後 14』 『のんきな患者 37』
冬の蠅 23』 『冬の日 25』 『闇の絵巻 9』
檸檬 12』 『路上 9』

金子みすゞ

明るいほうへ・他10篇 4』 『お魚・他8篇 3』
お花だったら・他9篇 4』 『お日さん、雨さん・他10篇 3』
さびしいとき・他8篇 3』 『すなの王国・他6篇 3』
つゆ・他9篇 3』 『春の朝・他9篇 3』 
みえない星・他8篇 4』 『みんなをすきに・他12篇 4』
山の子はまの子・他9篇 4』 『わたしと小鳥とすずと・他10篇 5』

嘉村礒多 足相撲 11』 『崖の下 41』 『業苦 37』
菊池寛

仇討禁止令 37』 『仇討三態 35』 『恩讐の彼方に 48』
俊寛 39』 『船医の立場 25』 『身投げ救助業 13』
蘭学事始 33』 『乱世 34』

木下杢太郎

少年の死 47』 『すかんぽ 14』 『南蛮寺門前 35』
パンの会の回想 9』 『本の装釘 17』

国木田独歩

あの時分 16』 『窮死 15』 『牛肉と馬鈴薯 39』
源おじ 29』 『恋を恋する人 21』 『号外 13』
少年の悲哀 14』 『春の鳥 18』 『武蔵野 37』

グリム兄弟

赤ずきんちゃん 9 PDF
『おおかみと七ひきのこどもやぎ 9 PDF
『かえるの王様 12 PDF

黒島伝治

渦巻ける烏の群 38』 『電報 15』 『豚群 16』
二銭銅貨 8』 『「紋」 10』

幸田露伴

鼠頭魚釣り 24』 『侠客の種類 12』
幻談 41』 『突貫紀行 21』

 幸徳秋水 死生 21』
小酒井不木

愚人の毒 33』 『死体蝋燭 12』
毒と迷信 26』 『メデューサの首 25』

小島烏水 梓川の上流 25』 『高山の雪 27』 『雪の白峰 14』
小林多喜二

蟹工船 137 PDF』 『党生活者 138 PDF
独房 38』 『防雪林 136』

コナン・ドイル

サー・アーサー・コナン・ドイル

赤毛連盟 54』 『悪魔の足 49』
チャールズ・オーガスタス・ミルヴァートン 34』 『ノーウッドの建築家 44』
ブルー・カーバンクル 38』 『ボヘミアの醜聞 44』

坂口安吾
IE5.5以降のみ

石の思ひ 32』 『我鬼 18』 『風博士 13』 『桜の森の満開の下 35』
堕落論 17』 『白痴 40』 『文学のふるさと 12』

佐左木俊郎

街頭の偽映鏡 28』 『街底の熔鉱炉 16』 『機関車 13』
汽笛 11』 『熊の出る開墾地 33』 『錯覚の拷問室 30』
接吻を盗む女の話 11』 『指と指輪 13』

三遊亭圓朝

後の業平文治 216』 『政談月の鏡 131』
業平文治漂流奇談 314』
根岸お行の松 因果塚の由来 154』 『文七元結 37』
闇夜の梅 55』 『名人長二 161』

島木健作 赤蛙 15』 『ジガ蜂 10』 『鰊漁場 52』 『 78』
島崎藤村

朝飯 7』 『 80』 『家(上巻) 286』 『家(下巻) 316』
伊香保土産 8』

岩石の間 60』 『旧主人 85』

刺繍 23』  『食堂 33』 PDF版
新生 735』
装釘に就て『春』と『家』及び其他 6』

千曲川のスケッチ 185』
並木・足袋 26』 『伸び支度 24』
二人の兄弟 6』 『 27』 『分配 38』
芽生 57』

夜明け前 第一部上 463』 『夜明け前 第一部下 425』
夜明け前 第二部上 410』 『夜明け前 第二部下 480』

路傍の雑草 4』
藁草履 51』
下村湖人
IE5.5以降のみ

次郎物語 第一部 325』 『次郎物語 第二部 298』
次郎物語 第三部 237』 『次郎物語 第四部 359』
次郎物語 第五部 426』

ジョナサン・スイフ
Jonathan Swift
(原民喜訳)
ガリバー旅行記 243』 PDF
GULLIVER'S TRAVELS
素木しづ

青白き夢 33』 『秋は淋しい 17』 『かなしみの日より 17』
咲いてゆく花 18』 『惨事のあと 25』 『晩餐 8』
雛鳥の夢 9』 『三十三の死 29』

高村光太郎
IE5.5以降のみ
開墾 7』 『回想録 90』  『 4』 『珈琲店より 10』
木彫ウソを作った時 9』 『九代目団十郎の首 8』
気仙沼 5』 『黄山谷について 6』 『小刀の味 6』
自作肖像漫談 12』 『詩について語らず 5』
自分と詩との関係 7』 『触覚の世界 13』
書について 9』 『蝉の美と造型 11』 『装幀について 4』
啄木と賢治 5』 『智恵子抄 95』
智恵子の紙絵 4』 『智恵子の半生 33』
能の彫刻美 10』
ヒウザン会とパンの会 14』 『美術学校時代 20』
人の首 9』 『美の日本的源泉 37』
ミケランジェロの彫刻写真に題す 5』
緑色の太陽 13』
山の秋 19』 『山の春 10』 『山の雪 11』
(私はさきごろ) 5』
武田麟太郎

一の酉 30』 『釜ケ崎 39』 『大凶の籤 30』
日本三文オペラ 37』 『落語家たち 9』

太宰治

ア、秋 4』 『愛と美について 27』 『青森 2』
あさましきもの 5』 『兄たち 17』
老(アルト)ハイデルベルヒ 19』 『一燈 7』 『陰火 29』
ヴィヨンの妻 42』 『 18』 『右大臣実朝 228』
姥捨 29』 『黄金風景 7』 『黄村先生言行録 30』
桜桃 11』 『おさん 23』 『おしゃれ童子 14』
お伽草紙 143』 『音について 4』 『親という二字 7』
女の決闘 78』

駈込み訴え 29』 『風の便り 69』 『家庭の幸福 18』
花燭 39』 『喝采 15』 『貨幣 13』 『 25』
彼は昔の彼ならず 59』 『玩具 10』 『逆行 25』
饗応夫人 15』 『狂言の神 33』 『虚構の春 114』
禁酒の心 9』 『グッド・バイ 32』 『苦悩の年鑑 17』
乞食学生 71』 『五所川原 2』   『古典風 23』

座興に非ず 5』 『酒の追憶 15』 『作家の手帖 13』
佐渡 24』 『猿ヶ島 13』 『猿面冠者 30』
散華 22』 『失敗園 6』 『斜陽 188』
秋風記 18』 『十二月八日 17』 『純真 2』
女生徒・待つ 68』 『女類 17』 『新釈諸国噺 204』
親友交歓 31』 『新樹の言葉 30』 『水仙 24』
15』 『雀こ 6』 『清貧譚 19』 『惜別 193』
善蔵を思う 30』 『創生記 30』 『俗天使 18』

たずねびと 16』 『 19』 『誰も知らぬ 15』
断崖の錯覚 27』 『男女同権 35』 『小さいアルバム 17』
地球図 15』 『竹青 25』 『 17』 『千代女 25』
津軽 223』 『鉄面皮 25』 『トカトントン 27』

二十世紀旗手 30』 『人間失格 150』

21』 『薄明 20』 『走れメロス 22』
花火 30』 『 16』 『眉山 16』
美少女 13』 『皮膚と心 33』 『富嶽百景 31』

未帰還の友に 22』 『メリイクリスマス 15』
雪の夜の話 10』

懶惰の歌留多 27』 『リイズ 8』 『令嬢アユ 13』
列車 8』 『ロマネスク 40』 『ろまん燈籠 77』

渡り鳥 15』
立原道造

暁と夕の詩 6』 『夏秋表 4』
優しき歌Ⅰ・Ⅱ 13』 『萱草に寄す 6』

田中貢太郎

義人の姿 6』 『猫の踊 7』 『宝蔵の短刀 10』
村の怪談 14』 『幽霊の自筆 6』

田中英光 オリンポスの果実 183』 『さようなら 46』 『野狐 41』
田山花袋 一兵卒 27』 『少女病 27』 『ネギ一束 12』
近松秋江 うつり香 97』 『狂乱 87』 『黒髪 52』 『霜凍る宵 97』
辻潤

え゛りと・え゛りたす 7』 『「享楽座」のぷろろぐ 3』
錯覚自我説 9』 『錯覚した小宇宙 9』 『自分だけの世界 14』
だだをこねる 7』 『惰眠洞妄語 8』 『風狂私語 6』
ふもれすく 39』 『浮浪漫語 15』 『変なあたま 9』

寺田寅彦 映画時代 29』 『随筆集第一巻「自然と生物」 189』
徳田秋声 あらくれ 279』 『縮図 299』 『絶望 13』
徳冨蘆花 草とり 6』 『不如帰 小説 305』 『謀叛論(草稿) 25』
永井荷風
一月一日 11』 『男ごゝろ 14』

買出し 12』  PDF版  『海洋の旅 18』  PDF版
葛飾土産 20』  PDF版  『銀座 14』  PDF版

里の今昔 18』  『妾宅 35』  PDF版  『西瓜 20』  PDF版
すみだ川 91』

つゆのあとさき 149』  PDF版
にぎり飯 15』  PDF版  

花より雨に 9』 『日和下駄 136』 『古本評判記 6』
深川の散歩 16』  PDF版  『放水路 12』  PDF版
濹東綺譚 87』  PDF版

町中の月 7』  『水附渡船 25』  『虫干 18』
夕立 4』  『雪の日 14』  『羊羹 12』  PDF版
来青花 4』  『路地 7』

中里介山

大菩薩峠 1甲源一刀流の巻 142』
大菩薩峠 2鈴鹿山の巻 85』 『大菩薩峠 3壬生と島原の巻 118』
大菩薩峠 4三輪の神杉の巻 112』 『大菩薩峠 5竜神の巻 83』
大菩薩峠 6間の山の巻 144』 『大菩薩峠 7東海道の巻 114』
大菩薩峠 8白根山の巻 98』 『大菩薩峠 9女子と小人の巻 112』
大菩薩峠 10市中騒動の巻 132』
大菩薩峠 11駒井能登守の巻 120』
大菩薩峠 12伯耆の安綱の巻 103』

中島敦

悟浄歎異 31』 『狐憑 11』 『牛人 12』 『山月記 16』
南島譚・幸福 14』 『名人伝 16』 『文字禍 14』

中原中也 在りし日の歌 39』 『山羊の歌 36』
夏目漱石
永日小品 120』 『思い出す事など 137』

硝子戸の中 123』 『京に着ける夕 11』 『草枕 210』
虞美人草 476』 『幻影の盾 54』 『坑夫 326』
こころ 362』 『琴のそら音 49』

三四郎 358』 『自転車日記 20』 『趣味の遺伝 90』

道楽と職業 37』

二百十日 69』 『野分 217』
彼岸過迄 450』 『一夜 17』 『文鳥 26』
変な音 10』 『坊っちゃん 205』
満韓ところどころ 174』 『道草 336』
明暗 727』 『 324』
 
倫敦塔 40』
吾輩は猫である 731』
南部修太郎

S中尉の話 16』 『畫家とセリセリス 17』
霧の夜に 12』 『女盗 16』 『猫又先生 31』
ハルピンの一夜 32』 『病院の窓 18』

新美南吉

赤い蝋燭・最後の胡弓弾き 40』 『牛をつないだ椿の木 29』
30』 『おじいさんのランプ 27』 『 19』
14』 『久助君の話 11』 『和太郎さんと牛 31』

萩原朔太郎 月に吠える 50』 『猫町 24』 『病床生活からの一発見 8』
葉山嘉樹

淫賣婦 30』 『海に生くる人々 338』 『工場の窓より 12』
セメント樽の中の手紙 7』 『氷雨 15』 『万福追想 22』

原民喜

秋日記 22』 『悪夢 4』 『ある手紙 8』 『遺書 5』
一匹の馬 3』 『飢え 23』 『美しき死の岸に 22』
永遠のみどり 23』

壊滅の序曲 59』 『ガリヴア旅行記 5』
「狂気について」など 3』 『苦しく美しき夏 19』
原子爆弾 2』 『原爆回想 5』 『原爆小景 4』
原爆被災時のノート 7』 『氷花 27』 『五年後 2』

災厄の日 27』 『沙漠の花 3』 『「屍の街」 2』
死と愛と孤独 3』 『死について 4』 『死のなかの風景 23』

樋口一葉

大つごもり 20』 『十三夜 26』 『たけくらべ 57』
月の夜 3』 『にごりえ 40』 『わかれ道 14』

堀辰雄

HTMLは右クリックで各章のリストが出ます。

あいびき 6 PDF』 『曠野 23 PDF
『美しい村 98 PDF』  『美しかれ、悲しかれ 10 PDF
姨捨 23 PDF

『恢復期 35 PDF』 『かげろうの日記 65 PDF
風立ちぬ 116 PDF』 『雉子日記 17 PDF
木の十字架 15 PDF

『聖家族 34 PDF

『旅の絵 30 PDF』 『鳥料理 18 PDF

『菜穂子 184 PDF』 『楡の家 64 PDF

『花を持てる女 40 PDF』 『晩夏 29 PDF
『朴の咲く頃 32 PDF』  『卜居 7 PDF
『ほととぎす 64 PDF』 『 9 PDF

『三つの挿話 36 PDF』 『麦藁帽子 34 PDF
『燃ゆる頬 19 PDF

『大和路・信濃路 124 PDF』 『雪の上の足跡 13 PDF
『幼年時代 80 PDF

『ルウベンスの偽画 24 PDF

 

正岡子規 寒山落木 卷一 72』 『九月十四日の朝 4』 『死後 14』
水野仙子

嘘をつく日 16』 『輝ける朝 20』
白い雌鷄の行方 16』 『 24』 『 49』

宮沢賢治

雨ニモマケズ 1』 『インドラの網 12』
おきなぐさ 10』 『オツベルと象 13』

風の又三郎 64』 『ガドルフの百合 14』
雁の童子 21』 『銀河鉄道の夜 84』
グスコーブドリの伝記 52』

さいかち淵 14』 『さるのこしかけ 10』
心象スケッチ 1』 『セロ弾きのゴーシュ 26』

注文の多い料理店 13』
毒もみのすきな署長さん 8』

二十六夜 35』 『猫の事務所 15』

化物丁場 12』
ひかりの素足 37』 『双子の星 26』

マグノリアの木 9』 『めくらぶどうと虹 8』
やまなし 7』 『よだかの星 12』 『四又の百合 10』
宮本百合子

杏の若葉 6』 『伊太利亜の古陶 33』
美しき月夜 19』 『午市 17』

23』 『加護 33』
風に乗って来るコロポックル 40』
格子縞の毛布 7』 『心の河 37』 『小村淡彩 24』

三郎爺 50』 『 12』 『渋谷家の始祖 135』
黄昏 29』 『地は饒なり 60』 『津軽の虫の巣 11』
七階の住人 15』 『南路 64』
縫子 21』 『禰宜様宮田 73』

7』 『 11』 『光のない朝 11』
一つの出来事 22』 『一つの芽生 30』
火のついた踵 36』 『日は輝けり 155』
氷蔵の二階 37』 『古き小画 139』 『部屋 11』

貧しき人々の群 120』 『面積の厚み 15』
宵(一幕) 20』
 
我に叛く 59』
紫式部
(與謝野晶子訳)

源氏物語  1  桐壺 ~ 10 榊 PDF
源氏物語 11 花散里 ~ 20 朝顔 PDF
源氏物語 21 乙女 ~ 30 藤袴 PDF
『源氏物語 31 真木柱 ~ 40 夕霧二 PDF
『源氏物語 41 御法 ~ 50 早蕨 PDF
『源氏物語 51 宿り木 ~ 56 夢の浮橋 PDF』

HTMLは右クリックで各章のリストが出ます。
PDFは「しおり」に各章のリストが出ます。

森鴎外

阿部一族 64』 『ヰタ・セクスアリス 126』
うたかたの記 40』

カズイスチカ 22』 『假名遣意見 41』
かのように 50』 『寒山拾得 17』
栗山大膳 41』 『護寺院原の敵討 53』

最後の一句 19』 『 8』
佐橋甚五郎 18』 『サフラン 6』
山椒大夫 51』 『心中 19』 『青年 273』

高瀬舟 20』 『ぢいさんばあさん 12』 『追儺 10』

 
百物語 30』 『二人の友 26』
舞姫 32』 『妄想 32』
安井夫人 26』
夢野久作

悪魔祈祷書 28』 『あやかしの鼓 82』
いなか、の、じけん 87』 『奥様探偵術 12』
押絵の奇蹟 124』 『オシャベリ姫 52』

街頭から見た新東京の裏面 186』 『怪夢 25』
キチガイ地獄 51』 『狂人は笑う 30』

死後の恋 38』 『巡査辞職 70』
少女地獄 220』 『空を飛ぶパラソル 45』
9』 『鉄鎚 68』
 
人の顔 14』 『瓶詰地獄 17』
横光利一

機械 44』 『罌粟の中 32』 『時間 33』
56』 『春は馬車に乗って 22』

與謝野晶子 台風 6』 『舞姫 22』 『私の生ひ立ち 78』
吉行エイスケ

大阪万華鏡 17』 『女百貨店 22』 『職業婦人気質 9』
地図に出てくる男女 27』 『飛行機から墜ちるまで 7』

若杉鳥子

彼女こゝに眠る 17』 『棄てる金 5』 『母親 16』
古鏡 14』 『梁上の足 12』 『烈日 6』

若山牧水

秋草と虫の音 7』 『鮎釣に過した夏休み 5』
家のめぐり 5』 『鴉と正覺坊 9』

金比羅參り 11』 『渓をおもふ 9』
 

たべものの木 10』 『なまけ者と雨 5』

庭さきの森の春 5』

梅雨紀行 23』 『花二三 4』 『鳳來寺紀行 20』

 
湯槽の朝 3』
渡辺温

或る母の話 15』 『イワンとイワンの兄 10』 『 21』
可哀相な姉 17』 『恋・兵隊の死 10』 『少女 12』
勝敗 23』 『シルクハット 5』 『象牙の牌 34』
父を失う話 7』 『花嫁の訂正 ―夫婦哲学― 19』

 作家一覧に戻る

 

書式サンプル
『原稿作文』は次のように文字サイズ・色・
フォーマット等を自在に設定できます。

書式の説明 内容(作家・作品)
IE(インターネッツトエクスプローラ) ver.5.5
以降の縦書表示機能です。
泉鏡花『雛がたり
『原稿作文』の画面背景を
PDFの背景に使えます。
堀辰雄『風立ちぬ
『原稿作文』で作成した、配信用電子文書の業界標準フォーマット、PDFファイル

田中英光『オリンポスの果実
PDFサンプルが出ない場合は こちらを参照してください。

画面サイズの自動設定
ブラウザの大きさに合わせてサイズが変わります。

田中英光『オリンポスの果実
複数文書選択 宮本百合子 34篇
横書・2段組・桝目付 宮沢賢治『銀河鉄道の夜
詩歌向きの書式 金子みすゞ『明るいほうへ・他10篇
桝目付 森鴎外『サフラン
2段組.縦罫線 夏目漱石『二百十日
罫線なし・明朝 岡本かの子『
2作品を同一画面に表示
ゴシック・明朝
佐左木俊郎『機関車』『汽笛

ルビ(フリガナ)が多い文例

泉鏡花『雛がたり

各縦書ページの作り方は非常に簡単です。

1.『原稿作文』で目的のテキストファイルを開きます。

2. 環境設定で文字サイズ・色・フォーマットを調整します。

3.「HTML作成」を開き「実行」します。

4. ブラウザが起動され、テキストが表示されるので確認します。

5. テキストファイルと作成されたHTMLファイル及びアプレットファイルVED.CLASSをHPサイトに転送します。

以上です。(「機関車・汽笛」はHTMLを再編集しています)

ページの先頭へ戻る

 

今後も収蔵作品を増やしますので、ブックマークしてください。
『原稿作文』の詳細はここ
を参照してください。
お問い合せやリクエストは
E-mail: http://www.ftm.co.jp/sys/mail.htm にどうぞ。


本サイトはリンクフリーです。
(必要でしたらこのバナーをお使いください)

【お勧めサイト】

下北沢のすし屋「幸寿し」


表示の不具合がありましたら、お手数ですが、お使いのブラウザ名と
バージョンをお知らせください。早急に対応させて頂きます。
このサイトは東京都世田谷区北沢2丁目、下北沢の(株)ふたみ不動産より発信しています。

作家一覧

芥川龍之介

有島武郎

石川啄木

泉鏡花

伊藤左千夫

海野十三

大阪圭吉

大杉栄

岡本かの子

岡本綺堂

小川未明

織田作之助

梶井基次郎

金子みすゞ

嘉村磯多

菊池寛

木下杢太郎

国木田独歩

グリム兄弟

黒島伝治

幸田露伴

幸徳秋水

小酒井不木

小島烏水

小林多喜二

コナン・ドイル

坂口安吾

佐左木俊郎

三遊亭圓朝

島木健作

島崎藤村

下村湖人

ジョナサン・スイフ

素木しづ

高村光太郎

武田麟太郎

太宰治

立原道造

田中貢太郎

田中英光

田山花袋

近松秋江

辻潤

寺田寅彦

徳田秋声

徳冨蘆花

永井荷風

中里介山

中島敦

中原中也

夏目漱石

南部修太郎

新美南吉

萩原朔太郎

葉山嘉樹

原民喜

樋口一葉

堀辰雄

正岡子規

水野仙子

宮沢賢治

宮本百合子

紫式部

森鴎外

夢野久作

横光利一

與謝野晶子

吉行エイスケ

若杉鳥子

若山牧水

渡辺温

作家一覧に戻る

書式サンプル

問合せ等

ページの先頭へ